メールでのお問合せ

アルミ精密切削加工.COM

高精度・高品質なアルミの切削精密加工を実現する 技術情報サイト

資料請求はこちら

技術資料

きょう雑物測定図表

アルミの精密切削加工を行なう場合には、「キズなき事」との指定がある場合があります。検査に習熟すると、通常では見えないキズを見つけることができるようになりますが、「キズなき事」では発注者側・納入者側の認識の差で問題になることがあります。このアルミにおけるキズの限度を事前に規定しトラブルを防止するために、「きょう雑物測定図表」を用いることがあります。

この「きょう雑物測定図表」は、国際規格である『ISO5350 Pulps-Estimation of dirtand shives』に対応した『JISP8208パルプ―きょう雑物測定方法』に用いられるものであり、業種を問わず誰でも簡単に製品のキズの大きさを確認できることが特徴です。使用方法としては、キズに合わせて重ねて肉眼で比較して使用します。アルミ加工品のほか、金属部品・プラスチック・医療機器・家具・紙などのキズ、ちり・樹脂斑点など様々な業界できょう雑物・異物・キズの大きさの測定に使用されています。

figure

■アルミの精密加工を実現するための設計ポイント

  • ■サイトマップ