メールでのお問合せ

アルミ精密切削加工.COM

高精度・高品質なアルミの切削精密加工を実現する 技術情報サイト

資料請求はこちら

アルミの精密加工を実現する設計ポイント

高精度なアルミ加工を実現する設計のポイント

  1. アルミ材に0.2mm幅の溝加工を行う際には、メタルソーによる加工を検討する
  2. アルミワークが小さい場合はダイカストではなくアルミ板材からの切削加工に変更する
  3. アルミ切削部分の一体削り出しによって、ユニットの高精度化を実現する
  4. アルミ板材の切削加工において平行度を向上させるポイント
  5. アルミ板版の切削加工において平面度を向上させるポイント

高品質なアルミ加工を実現する設計のポイント

  1. アルミの薄板にタップを立てる際には、有効ねじ長さを考慮して設計を行う
  2. アルミ鋳物またはダイガスト品に精密切削を行う場合は捨て加工部を付ける
  3. アルマイト処理を行う場合は、アルミワークに吊るし穴を設ける
  4. アルミ専用のラップ盤を用いて品質を向上させる
  5. アルミの精密切削加工では面取りを機械で行い品質を向上させる

アルミ加工のVA/VE を実現する設計のポイント

  1. アルミ材に0.1mm幅の溝加工を行う際には、メタルソーによる加工を検討する
  2. アルミワークが小物・薄物の場合は、押出材ではなく切削加工で対応する
  3. アルミのポケット切削加工時において設計変更にてコストダウンを実現する
  4. アルミのポケット切削加工時において、小さいRのままコストダウンを実現する設計ポイント
  5. 機密性が必要な場合は、アルミ溝に付くカッター軌跡を考慮する
  6. アルミワークに同軸度が必要な穴加工は加工方法を考慮して設計を行う
  7. アルミ切削において止まり角穴でコストを抑えながら小コーナーR加工を行うポイント

■アルミの精密加工を実現するための設計ポイント

  • ■サイトマップ