メールでのお問合せ

アルミ精密切削加工.COM

高精度・高品質なアルミの切削精密加工を実現する 技術情報サイト

資料請求はこちら

アルミ切削部分の一体削り出しによって、ユニットの高精度化を実現する

Before

上記の写真は、アルミ切削品などの15種類の加工部品を組み立て、一つのユニットとしている製品です。このような組立品として高精度が要求されるケースでは、各部品において高精度で加工が必要なことに加え、組立においても精度を高めるよう治具を作成したり、作業者の技術が必要となるなど精度を保つことが困難になります。

設計ポイント

After

昨今の精密切削技術は飛躍的に高まっており、これまで多数の部品を組みたてて一つのユニットを形成したものでも一体構造で切削できる可能性があります。上記の例では、15 種類のアルミ加工品などの部品を組み立てていましたが5 軸マシニングセンタを最大限活用することで一体化が可能となり、組み立て工程が省けるとともに高い精度を実現することができました。

複数の部品で構成されている部品を一体で製作することができれば、高精度な加工品を製作することができます。5 軸マシニングセンタを使いこなすことができれば加工の自由度が非常に高いので、特にアルミの精密切削加工においては一体化によって高精度な一体化製品を削ることが可能です。

■アルミの精密加工を実現するための設計ポイント

  • ■サイトマップ