メールでのお問合せ

アルミ精密切削加工.COM

高精度・高品質なアルミの切削精密加工を実現する 技術情報サイト

資料請求はこちら

アルミ板材の切削加工において平行度を向上させるポイント

Before

アルミの板材を精密に切削することが必要なケース、たとえば平行度が求められる場合にはワークを保持する方法も工夫する必要があります。一般的なバイス保持による加工を行なうと、達成できる平行度はおおよそ0.15 程度となり、これ以上の平行度を出そうとすると設備的に限界となります。

設計ポイント

After

アルミプレートを切削するケースにおいて高い平行度が必要な場合など精密切削が必要な場合は、アルミワークをバイスによって保持するのではなく、バキュームチャックによってアルミワークを保持する加工方法を導入することで精度向上につながります。このバキュームチャックを活用することで、平行度0.02 程度を達成することができます。

アルミにとどまらず切削加工を行なう際に高い精度や幾何公差を求められる場合は、ワークの保持方法も吟味して採用することが重要です。具体的には、一般的なバイスによる保持ではなくバキュームチャックを使用することで、平行度を0.15 から0.02 程度にまで高めることが可能となります。

■アルミの精密加工を実現するための設計ポイント

  • ■サイトマップ