メールでのお問合せ

アルミ精密切削加工.COM

高精度・高品質なアルミの切削精密加工を実現する 技術情報サイト

資料請求はこちら

アルミ専用のラップ盤を用いて品質を向上させる

Before

表面を研磨するために使用されるラップ盤は、その用途に応じて適切なラップ盤を使用することが品質向上に繋がります。アルミの加工にラップ盤を使用する場合、一般的なラップ盤を使用するとスラッジ(砥粒)がラップ面に食い込み、アルミを研磨した面が黒くなり品質が低下します。

設計ポイント

After

アルミを研磨するためにラップ盤を使用する際には、アルミ専用のラップ盤を使用すると品質の向上に繋がります。上記の写真はアルミ専用のラップ盤ですが、これはスラッジ(砥粒)を使用せずにアルミを研磨することができるので、研磨面が黒くならず品質が向上し、後処理の必要もありません。

一口に機械加工といっても、その材質・材料に合わせた最適な工具・マシンを選択し活用することが品質や精度・低コストに繋がります。特にアルミの研磨においてラップ盤を使用するケースでは、一般のラップ盤では研磨面が黒くなり品質が低下するので、アルミ専用ラップ盤を使用することが望まれます。

■アルミの精密加工を実現するための設計ポイント

  • ■サイトマップ